あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

誕生した時に太陽が十二宮のどの宮であるサインに位置していたかによって、その人の性格や相性などや運命などを占うことは星座占いです。

星座占いとは?

生まれた人間は大抵の場合、最初に名前をつけて貰います。
そして、自分が生まれた時の「年」「月」「日」が自分の誕生日になり、毎年生まれた時と同じ月日になると1歳ずつ年齢を重ねていくという仕組みで人間は生きています。
そして、これらの生年月日や名前など自分という存在を証明するための重要な情報は、占いなどにとっても非常に重要なものになっていて、多くの占いは、これらを占うことによって、その人の運勢や未来を見出すことが出来るようになります。
そして、私達人間はこの生年月日が定まることによって、他にも定まるものがあります。
それは、例えば「干支」です。

この干支は、自分が生まれた年が何の干支だったかによって、変化します。
そして、もう一つ決まるものが「星座」です。

この星座は自分が何月に生まれたかによって異なります。
そして、この星座を用いた占いである「星座占い」というものがあります。
この星座占いは、「西洋占星術」と呼ばれるものを簡略化することで誕生した占いの一種になっています。
しかし、この星座占いは、星座という名称がついていますが本来は、西洋占星術のサインのことを星座と表しているものであるため、現在の星空に浮かぶ星座とは異なるようです。

しかし、近年では実際に星空の星座を連想する星座占いも存在しているようです。

この本来の星座占いを行う方法は、一般的にはその人が誕生した時に太陽が十二宮のどの宮であるサインに位置していたかによって、その人の性格や相性などや運命などを占うというものになっています。
ちなみに、この星座占いは「太陽暦」というものが関わっているため、誕生日が判明していれば、太陽の位置も判明するため、必要な知識や使用する物などが少ないため、割と簡単な占いとして、急速に普及しました。

また、この星座占いは、現在ではかなりの知名度があり、若者向けの雑誌などから主婦向けの雑誌などにも星座占いによる運勢占いコーナーなどがあり、他にも全国紙やワイドショーや朝のニュース番組など様々なメディアでこの星座占いによるその日の運勢などを占うコーナーが存在しています。
このように、現在では日本で最も目にする機会が多い占いあると言っても過言ではないかもしれません。
そして、朝学校に行く前の子供や会社に行く前の大人や主婦などがテレビや新聞・雑誌などで一日の運勢を確かめるというのが日常の一部として根付いているというのが現状のようです。

Search
Navigation

Copyright (C)2017なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.