あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

この姓名判断というものは、人の名前である姓名から、その人の性格やその人の運勢などの事柄に対する解釈を与えるという占いの一種になっていますか。

姓名判断を行う方法

人間が現在でも占いを信じていて、実際に行っているのには様々な理由があると思います。
例えば、自分の思い通りにならず、現実が厳しすぎると感じる人々にとっては、占いなどは未来に何かがあるという希望や夢を与えてくれるから信じているのかもしれません。
他にも、学生時代であれば気になる異性との相性や恋愛運などを占いによって見出そうとしたり、ただ単純に友達同士の相性などを占う場合など様々なものがあり、人間は好奇心が強いため、それも占いを信じる理由になっているかもしれません。
そんな占いの中でもポピュラーなものという認識にあるのが「姓名判断」というものです。

この姓名判断というものは、人の名前である姓名から、その人の性格やその人の運勢などの事柄に対する解釈を与えるという占いの一種になっています。
また、この姓名判断は、性格や運勢の他にも、「適職」「恋愛の傾向」「結婚運」「家庭運」などやかかりやすい病気など様々なものに対して有効な万能型の占いになっています。
この姓名判断は、一般的には人の姓名の字の「画数」から5つの「格数」算出します。
そして、それらに与えられている伝統的かつ経験的な解釈に基づいた解釈を行うという方法で占うものになっています。
また、この姓名判断においても、科学的証拠や合理的な理由などが不確かであることは、他の占いと何ら変わりません。
この姓名判断には、幾つかの「流派」と呼ばれるものが存在しています。
そして、その流派は大きく分けると画数の計算方法が「旧字体の画数で計算する流派」と「新字体の画数で計算する流派」という2つに分類することが出来ます。
また、この他にも、「澤・沢」など読みが同じなのに画数が異なる漢字を使っている場合や「佐々木」などの同じ漢字が続く場合はどうするかなども流派によって異なるようです。

私達人間には、大抵の場合はそれぞれの名前があります。
そして、それは生まれてから最初に貰うものであり、自分の一生にずっとついてくるものであるため、人間にとって名前というのは非常に大事なものになっています。
そのため、その大事な名前を用いた占いである、この姓名判断は、人間にとって信じやすい占いであると言えるかもしれません。
このように、姓名判断は有名な占いの一つですが複数の流派に分かれていて、それぞれ思想や画数の計算方法などが異なってしまうため、どのやり方が正しいか判断するのは難しいことであると言えると思います。
Search
Navigation

Copyright (C)2017なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.