あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカードの合計78枚のカードで行う占いで、タロット占いを紹介します。

タロット占いについて

近年になっても人気が衰えず、昔より減っていたとしても信じている人が少なからず存在しているというのが占いというものの不思議な所です。

現在に比べて過去の方が神や天罰などを信じていたため、このような占いなどを信じる人が多数いたということはわかるのですがこの現代になっても、占いなどの不確かなものを信じている人々がいるというのは、少し不思議な感じがしませんか?

近年では、人間の傾向として論理的に証明出来るものや根拠があるものを信じる人が大半であると思います。
しかし、近年においても占いや神様などを信じている人間は多く存在しています。
このように、なんの根拠もなく、運勢や未来を予言する占いというものが現在でもあり続けているのは、未来に待っている可能性を予知してもらうことで、悪い結果の場合は、そうならないように、良い結果の場合は、その通りになるように、人生を頑張ることが出来るという、夢や希望を見ることが出来るからかもしれません。
そんな占いですが種類がたくさんありますが中でも有名なものというのが数種類存在しています。
有名というものの例を挙げると、例えば水晶を用いて行われる「水晶占い」などは、ドラマや映画などや様々なゲームなどで目にしたことがあると思います。
このように、占い師や預言者などの役割を行う上で、人々に認識されやすいものというのがこの水晶占いのような有名な占いになっています。
この水晶占いと同じぐらい有名なのが「タロット占い」と呼ばれるものです。

このタロット占いも、様々なドラマや映画、漫画などに登場しているため、誰もが知っている占いの一つであると言えると思います。
この、タロット占いは、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカードの合計78枚のカードで行う占いになっています。
トランプなどとは異なり、カード一枚一枚に絵柄が描かれていて、それぞれ違う意味があります。
また、このカードは、正しい位置にある場合は、良好な意味のカードになるのに、上下逆になると不吉な意味になってしまう場合などがあり、カードの位置や方向でも様々な意味があります。
このタロット占いは、主に外国で行われている傾向にあり、日本ではそこまでメジャーではないと言われています。
また、このタロット占いには様々な様式や占い方が存在しますがカード一枚を引いてそこから運命や運勢を占うというおみくじに似たものもあります。
このように、占いの中でも複雑な手法になっています。
また、本来は良いことと悪いことを区別なく占うものですがドラマや映画、漫画などに登場するタロット占いは、大抵の場合悪い未来しか予想しないため、タロット占いに良い印象を持っていない人も多いのではないかと思います。
Search
Navigation

Copyright (C)2017なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.