あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

中国に伝わる「陰陽五行説」を元にして生まれた占いの方法であり、基本的には「生まれた人の命運を推察する」という占いのことを四柱推命と言います。

四柱推命とは?

世界中には、多種多様な占いが存在していて、それぞれの国によって若干異なる場合もありますがどの国にも伝わっているような有名な占いというのも数多くあります。
その中に「四柱推命」という占いがあります。
一般的な「手相占い」や「動物占い」などと比べると、あまりよく知らないという人が多いのではないかと思います。
この四柱推命というものは、中国に伝わる「陰陽五行説」を元にして生まれた占いの方法であり、基本的には「生まれた人の命運を推察する」という占いになっています。
この四柱推命という名称は、中国の書物には記載されていないことから、日本独自の言葉として呼ばれているものになっています。
中国では、「三命」や「命理」などと呼ばれています。
しかし、英語圏などでは中国で呼ばれている本当の名称ではなく、日本独自の言葉である四柱推命を英語にした名称で呼ばれています。
このため、世界的には中国の呼び名ではなく、日本での四柱推命という名称の方が有名になっているようです。

この四柱推命は、中国では1100年代に中国の文献に記載されていたのが四柱推命の最古のものであると言われています。
そして、日本には、江戸時代中期頃に伝ったものであると言われています。
この江戸時代中期頃に「推命書」という文献が発見されていて、日本での四柱推命の歴史として最古のものであると言われています。
この四柱推命には、干支などが関係していて、この干支である十二支も五行と陰陽を持つと言われています。
この四柱推命は、生まれた「年」「月」「日」「時」という四つ干支を柱として、その人の生まれ持った可能性を推し量るもののことを言います。
しかし、出生時間が不明な場合が多いことから、特に日本では「時」を除いた「年」「月」「日」の「三柱推命」という方法を取る場合が多々あります。
しかし、四柱推命はこの「年月日時」の四つが揃うことが絶対条件であると言われています。
そのため、中国の文献には三柱推命というものは存在せず、「4つの内3つが判明していれば、的中率は落ちても占える」という考え方は、この四柱推命の理論をまったく無視した考え方であるとして、避難されていると言われています。
このように、四柱推命というものは、呼び名から中国と異なるものになっていたりと日本独自の要素が多々あるため、日本での四柱推命が中国のものと同一であるとは言えないかもしれません。
しかし、日本だけでなく世界的にも有名な占いであることから、信じている人は少なからずいます。
Search
Navigation

Copyright (C)2017なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.