あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

風水は、古代の中国で成立されたものであり、陰陽五行説を基に様々な占いの技術などが統合されたものになっています。しかし、日本では中国の風水とは異なる独自の発展を遂げているよ

風水について

一般的に占いというものは、様々な方法を用いてその人の未来や運勢などの目に見えないものを見るというのが占いの一般的な目的になっています。
そんな占いの代表的なものに「風水」というものがあります。
この風水は、古代の中国で行われていたものであり、厳密に言えば占いとは少し異なる性質を持っていると言えるかもしれません。
この風水は、「都市」「住民」「建物」「墓」などの位置に対する「吉凶禍福」を決定するために用いられていたものであり、気の流れを物の位置で制御しようと言う思想の下行われていました。

また、この風水というものは、「陰陽五行説」というものに基づいて古代から存在している占いの技術を統合させることで成立させることが出来たものであると言われています。
そして、この風水は中国で誕生した占いの一種になっていますがこの、風水は日本でも頻繁に用いられるものであり、欧州などの外国などでも広く知られていて、用いられている非常に有名な占いであると言えると思います。
しかし、日本においての風水は中国で行われている本物の風水とは異なった形で、独自の発展を遂げているため、純粋な風水とは異なるようです。

日本での風水は、中国での風水が完全に成立する前の一部の理論だけが「陰陽道」や「家相」として取り入れられているもののことを日本では風水と呼んでいます。
そのため近年では、風水という名称で行われている占いの多くは、本来の風水そのものではなく、家相術などをアレンジしたものになっています。
このため、日本で行われている風水は、本場の風水から比べるとまがい物であると言われる場合もあるようです。

平城京や平安京があった時代の建物などの立地は風水に則っていると言われていますがこの当時から日本独自の風水が利用されていました。

そして、江戸時代の江戸は風水都市であったという記述は、様々な文献にありますが実際に風水を学んでいた者がいたり、都市を作る上で風水が用いられたという文献は一切発見されていないなどの理由から、この江戸は風水とはまったく関係がないものであるという結論に至っているようです。

また、1990年代頃に日本では「風水ブーム」というのが起こりましたが風水と称して行われた占いや験担ぎなどの多くは、上記のような家相術などのアレンジであったり、またはまったく関係ないただの飾り物としてのものであったと言われています。
このように、日本での風水は中国での本物の風水から比べるとまったく異なるものであると言えます。
しかし、日本では風水を信じている人も少なからず存在しています。
また、実際に中国の風水を学んで日本で商いをしている者もいるかもしれないため、一概に日本の全ての風水が偽物であるとは言えないようです。

Search
Navigation

Copyright (C)2017なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.