あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

宗教上では、古来より占いが行われていて、旧約聖書などにも記載されている程であり、また日本の神社でも占いが風習として行われていたと言われています。

宗教との関係性

日本人だけではなく、世界中で知られていて、また、行われているものが占いというものです。

この占いは、とても不確実で不確かで不安定な要素が多々あるものであるため、信じる者と信じない者の差がはっきりしているものですがどれほど不確かであっても、信じている者は必ず存在し続けています。
そんな占いと非常に似た性質を持っているのが「宗教」というものです。

この宗教というものも、神様や信仰などの一般的な人々から見たら不確かなものを信じて崇拝していて、それを信じる者を集めている団体であると言えると思います。
つまり、この宗教も占いと同様に信じ続ける者が少なからず存在していて、その信じている人々によって構成されている組織であり、この宗教にも、大小様々な種類があり、それぞれ信じているものや崇拝している対象が異なります。
そして、この似たような性質を持っている占いと宗教という二つにも密接な関係があります。
占いの原点とも言うべき、いわゆる「当てっこゲーム」と呼ばれるものは、元々は神託を伝えるための儀式の一種であったと言われていたり、アジア圏のとある国では、占いと称した賭博が行われていて、巫女賭博を行い自分自身の延長として財産を掛けていて、この行為を占いとしていたようです。

また、日本でも昔から人々に親しまれている「将棋」や「チェス」などの盤上遊戯も元々は、天体の動きを模して将来を伺うという儀式的な行為であったと言われています。
また、日本の神社でも、鳥居へ石を投げて、乗るかどうかという行為で占う風習があったと言われています。
また、旧約聖書の一節にも、占い師の存在や実際に行った占いの内容などが記載されていたと言われています。
また、私達日本人とも密接な関係にある「仏教」では、基本的な仏教の教えとして呪法などの術類や占いなどはやってはいけないこととして禁止されています。
しかし、チベット地方での仏教では、サイコロを用いた占いは、仏教の教えに矛盾しないものであるとして、行われているようです。

また、仏教と同様に「浄土真宗」でも、占いは無益な迷信であるとして否定されています。
このように、宗教上でも古来より、占いやそれに準ずる行為が行われていたという記録が様々なものに記録として残っています。
その上で、教えとして占いなどを否定している宗教も存在しますが近年では、そこまでの効力と拘束力が無くなっているのではないかと言われています。
このことから、宗教においても占いという行為は、否定しているものであると同時に重要なものであったと言えると思います。
Search
Navigation

Copyright (C)2017なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.