あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

自宅や携帯電話などから24時間365日時間を気にせずいつでも占い師に占ってもらうことが出来る占いのことを電話占いです。

電話を使った運勢判断術

基本的に占いというものは、実際にその占いしと会って、面と向かっている状態で占ってもらうというものになっています。
しかし、世の中には「電話占い」という占いが存在しています。
この電話占いというものは、自宅や携帯電話などから24時間365日時間を気にせずいつでも占い師に占ってもらうことが出来る占いのことを言います。
また、この電話占いには大きく分けて二通りの方法があります。
まず、一つ目は自動音声によるガイダンスによって占って欲しい占い師を自分で指名することが出来るというタイプです。

そして、二つ目は専門のオペレーターが取り次いでくれて、選んでもらった占い師から折り返しで電話がかかってくるというものであり、この二種類が電話占いの主な方法になっています。
この電話占いの電話番号は、基本的にはフリーダイアルですが中にはコレクトコールを利用していて、占いの料金の他に通話料も支払わなければならない場合もあります。
電話占いなんて聞いたことが無いという人も多いかも知れませんが日本の占いの手法として1991年頃から存在しています。
この1991年頃に、「占ダイヤル」というサービスを開始したのが電話占いの始まりであると言われています。
そして、翌年の1992年頃からコレクトコールを利用した電話占いというものが正式に始まりました。

しかし、この電話占いが開始された当初は、法人ではなく、占い師個人がこの電話占いというサービスを行っていたため、認知度が低く利用者も少なく、従来の占い方法を好む人が多かったようです。

また、当時は携帯電わが普及していなかったため、家庭の電話に占い師が電話をかけてくるというのが一般的な方法になっていました。

また、現在のように携帯電話でどこからでも、いつでも電話出来るという状態ではなく、家の電話限定であったため、気軽に電話したり、長電話をすることが困難な状況であったため、利用者は限られていました。

そして、この電話占いを告知する方法も、インターネットが普及する前であったこともあり、占いの専門雑誌などに広告を載せるのが一般的な宣伝方法になっていました。

しかし、2000年頃から状況は一変して、携帯電話が普及するようになり、以前よりも手軽に電話占いを行うことが出来るようになりました。

また、それよりも後の時代では、電話占いだけではなく、「占いサイト」を立ち上げる法人も増えました。

これらのことによって、占いは実際に占い師と会って占ってもらうものから、人と対面しないで気軽に占ってもらうことが出来るものに変化して行きました。

Search
Navigation

Copyright (C)2017なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.